TOPICS

ドキドキの転職…!ワクワクの毎日…!

初めまして!

 

20221月入社のコミュニティデザイン事業部の村山です!

 

入社してまだ1週間ちょっとですが、ブログ投稿を任されました。笑

 

ブログ投稿はあまりしたことがなく不慣れですが、入社までの出来事や働き始めてからの1週間ちょっとをありのままに綴りたいと思います!

 

 

 

 

以前までは自動車製造工場に勤めており、ライン作業でせっせと働いていましたが、持っている障がいが悪化し仕事を続けるのが困難となりました。

 

私が持っている障がいというのは、網膜色素変性症という視野狭窄(視野が狭くなる)や夜盲(薄暗い所で視力が低下する)等がある、現在の医学では治すことのできない進行性の難病です。

 

他にも難聴で補聴器を着用しています。

 

製造の仕事が続けられなくなった時は本当に絶望感でいっぱいで、新しい仕事をするにも何をしたらいいのか、何ができるのか、本当にわかりませんでした。

 

いつかこういう日が来るのかもしれないなと漠然とは考えていましたが、いざ来るとなかなかショックでしたね…。

 

とりあえずすぐに辞めるのではなく休職という形を取り、今後を考えながらある程度のパソコン操作は出来るようになっておこうと勉強をしました。

 

 

 

 

そして再就職へ向けて活動を始めますが、コロナ禍ということもありあまり多くの求人は無く…。

 

何社か受けましたがなかなか採用をもらえず、「焦るな、焦るな、次、次」と自分に言い聞かせていましたが、やはりどこかで焦りがあったのでしょう。

 

いつも不安感に駆られていました。

 

そんな時に就労移行支援を通じて中城建設から障がい者としての求人の話があり、面接に行くと福来さんと本間さんが会社について色々な話をしてくださりました。

 

面接というよりかは座談会のような雰囲気でしたね。笑

 

話の中で「ワクワク」というワードがたくさん出て来て、

 

「なんか楽しそう…!」

 

素直にそう思いました。

 

会社の説明を受けて楽しそうと思えるってなかなかないことですよね。

 

「障がい者ならではの視点、障がい者だからこそ出来ることがあるはず!」

 

福来さんからこのように言っていただき、とてもやりがいを感じることが出来そうだと思えました。

 

「自分にとっては負い目と感じていた部分が自分の武器となる。」

 

今までには考えもしなかった、まさに逆転の発想でした。

 

 

 

 

こうして中城建設で働くこととなり、配属された部署は「コミュニティデザイン事業部」。

 

文字を見ただけではあまりピンと来ないですが、ざっくり言うと「人事+広報+α」です。笑

 

人と人とを繋いで、組織をデザインして働きやすくコーディネートし、会社のブランディング広報活動も行っていく、という部署です。

 

なんだかおもしろそうですよね。

 

今任されている仕事は主に、ホームページの更新や事務作業ですが、新鮮で楽しく働けています。

 

もっとやれることを増やして活躍の幅を広げて行けたらなと思います!

 

 

 

 

 

これは障がいを持つ方々のみならず健常者の方々にも当てはまることかと思いますが、就職活動や転職活動をしていく上で、自分を理解してもらえるのか、受け入れてもらえるのか、うまくやっていけるのか、他にも様々な不安が重なっていきますよね。

 

働き始めて1週間ちょっとですが周りの方々は優しく、僕の障がいを理解し受け入れてくれています。

 

本当に安心しました。

 

中城建設は人柄や中身を見てくれている会社だと思います。

 

 

 

今回初投稿でしたが、これから「ワクワク」を届けられるよう様々なブログを更新していけたらと思っています。

 

よろしくお願いします!