1. HOME
  2. お知らせ
  3. 東北初“まちづくり応援型不動産ファンド”事業開始

NEWS

お知らせ

お知らせ

東北初“まちづくり応援型不動産ファンド”事業開始

中城建設では、このたび不動産特定共同事業法に基づく「不動産の小口化による事業」の許可を取得し、まちづくり応援型不動産ファンド事業を開始いたしました。

本事業は多くの人から小口の出資を受け、その資金で不動産を取得し、その不動産取引から生ずる利益を出資者に分配する仕組みです。

この事業は、『まちの「あったらいいな」を「いいね」に変える』をスローガンに、まちの課題(空家問題、ヘルスケア施設の不足など)を解決するような対象不動産とし、投資する人もまちを応援できる、まち全体で課題を解決し、ワクワクするまちづくりをしていく事業となるよう、「まちワク。ファンド」と命名いたしました。

本事業第1号となるのが、障がい者の自立を支援するグループホーム「ぐりーんるーむ小田原」開設プロジェクトです。
使われていなかった木造住宅を株式会社N’s Create.がグループホームとして必要な設備を整えリフォームし、この建物を利用して、日中サービス支援型のグループホームをGreen-Room株式会社が運営していきます。

10月23日プレスリリース当日は13:30より「まち ワク。ファンド」の説明会、14:45より「ぐりーんるーむ小田原」の施設説明と完成見学会の2部構成で行われました。

まちワク。ファンドの詳細はこちらからもご確認いただけます。
https://nakashiro.sakura.ne.jp

最新記事